やっぱりクラシック

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・クラシックスのお勧めばかり集めて楽しんでみました。といっても全部ですけどね。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

義務と結婚 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
幼稚園の教師として働くナタリーの家の玄関に、ある夜、十代のころから恋い焦がれてきた男性が不意に現れた。ナタリーの母が家政婦として働いていた名家の御曹司、ピアスだった。彼は憔悴しきっている様子だ。でも、なぜここに?彼はたしか二カ月前に婚約したはず。ピアスにそのことを問いただすと、婚約を一方的に破棄されたという。ナタリーはいかにもつらそうなピアスに同情し、彼を家に泊めるが、慰めてあげたいという気持ちも手伝って、ついに愛を交わしてしまう。そしてそれから一カ月ほどのち、妊娠という現実がナタリーを襲った。ピアスはすぐに結婚しようと彼女に迫る。だが彼の口から出る言葉は、“義務”であり、“責任”であって、ナタリーが聞きたいと願う“愛”ではなかった…。

内容(「MARC」データベースより)
幼稚園の教師として働くナタリーは、10代の頃から恋焦がれてきた名家の御曹司、ピアスの子どもを妊娠してしまう。ピアスはすぐに結婚を申し出るが、彼にとっての結婚は「義務」や「責任」であって、「愛」ではなかった…。

妻の役割 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
五年前、ステファニーは弟の危機を救うため富も権力も合わせ持つドミニクと愛のない結婚をした。だが、今は冷酷な夫と別れ、絵を描いて暮らしている。そんな彼女のもとに、ある日ドミニクから呼び出しの電話がかかる。「きみが条件さえのめば正式に離婚してもよい」と。取り引きに応じた彼女は、夫とともに出かけたハミルトン島で仲むつまじい夫婦を演じることになった。こんなに心が離れているのに…。でも、あとは私の演技力しだい。これさえ終われば、晴れて自由の身になれる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
アームストロング,リンゼイ
南アフリカ生まれ。現在はニュージーランド生まれの夫と五人の子供たちとともに、オーストラリアで暮らす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

あの幸せな日々に (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
オーストラリアとニュージーランドでの講演旅行を終え、フィレンツェの自宅に帰り着いたベン・スコルチェーゼは、郵便物の中にキャスからの手紙を見つけた。乱れた筆跡でフィレンツェに来ている、至急会いたい、とある。キャス―父が再婚相手との間にもうけた一人娘。ベンの義妹だ。だがベンの彼女への愛情は、妹に寄せるようなものではなかった。強烈に惹かれるのをどうしようもない。それはキャスも同じはず。だから彼女に近づかないようにしているのだが…。四年前にキャスは、父親のお気に入りのロジャーと結婚した。夫との間に何か持ち上がったのだろうか。

内容(「MARC」データベースより)
講演旅行を終えフィレンツェの自宅に戻ったベンは、4年前にロジャーと結婚した義妹のキャスから「至急会いたい」という手紙を受け取る。キャスに妹以上の感情を持っているベンは、彼女に近づかないようにしてきたのだが…。

パリの魔法は永遠に (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
私は筋金入りのキャリアウーマン。仕事が生きがいよ。恋愛ですって?あんなつらい思いは、もうたくさんだわ!アマンダは父親の経営するファッション・メーカーのデザイナー。バカンスから戻った彼女は、社長室に入った瞬間、愕然とした。「どうしてあなたがここにいるの?」そこには、かつての婚約者ドリューの姿があった。心臓を悪くした父親が、彼に会社を売却したのだという。パパが病気だなんて…。アマンダは動揺した。でも、なぜホテル王のドリューに?畑違いもいいところなのに。まさか、パパの会社をつぶす気じゃないでしょうね。それが婚約を破棄した私への復讐なのかしら。パリを舞台に繰り広げられる再会の物語。

内容(「MARC」データベースより)
父親の経営するファッション・メーカーでデザイナーとして働くアマンダ。バカンスから戻ると、心臓を悪くした父親が、彼女の元婚約者ドリューに会社を売却していた。なぜホテル王の彼に? アマンダは動揺する。

憂鬱な花嫁 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ついにこの日がきてしまった。今日は私の結婚式…。だが、ソフィアは幸せどころか憂鬱でしかたがなかった。なぜなら、おなかの子の父であるゴドフリーと結婚するのではなく、その弟のジョナサンと結婚しなくてはならないからだ。しかも、彼は、兄の死の床で交わした約束を守ろうとしているにすぎない。ゴドフリーの子供に幸せな生活を与えるための便宜的な結婚だ。ゴドフリーはあんなに穏やかで優しかったのに、ジョナサンは無愛想で、ただ威圧的なだけ。彼の前に出ると心臓は不安に速くなり、何を言うにも口ごもってしまう。でも彼は約束してくれた。結婚は形だけで、落ち着いたら離婚すると。それなのに誓いのキスは長いし、瞳の奥には情熱を秘めたきらめきが…。

内容(「MARC」データベースより)
今日はソフィアの結婚式。相手は、おなかの子の父親であるゴドフリーではなく、その弟のジョナサンだ。ジョナサンは、子供に幸せな生活を与えるという、兄の死の床で交わした約束を守ろうとしているだけのはずなのに…。

悲しみを愛に変えて (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
その日の朝、ホテルのテラスで出会った無礼な態度の男が、エドワード・カーライルだと知って、ジュリエットは茫然とした。彼は二カ月前に亡くなったカーライル不動産の社長の長男で、遺産として会社の経営権を五十パーセント受け継いでいる。残りの権利は社長の個人秘書だったジュリエットが譲り受けた。だが、エドワードの承諾なしには何も決定できないのに、国際的ホテルチェーンの社長である彼は、会おうともしない。ジュリエットは仕方なく、エドワードがこのホテルに来るという情報を頼りに捜していたのだ。彼はわたしが誰か知ったうえで、不意をつく機会を狙っていたんだわ。でも、こんな魅力的な男性だとは…。そのとき、彼女の心に七年前の悪夢のような出来事がよみがえった。

内容(「MARC」データベースより)
ホテルのテラスで出会った無礼な男がエドワード・カーライルと知って、ジュリエットは茫然とした。カーライル不動産の社長が亡くなり、社長の長男である彼と個人秘書だった彼女が会社の経営権を半分ずつ受け継いでいた。

愛に満たされたら (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
セブンは両親亡きあと、ジェーン伯母の元に身を寄せている。世間には自分が霊能力者だということは隠しているが、時々襲ってくる奇怪なイメージや不安感はどうすることもできない。ジェイク・ジャクソンが家に押しかけてきたのも、突然ひらめいた霊感のせいだった。六年前に行方不明になった彼の娘レベッカはまだ生きていると伯母に話したところ、伯母がジェイクの母にそれを伝えたのだ。「でたらめな情報でおふくろを動揺させないでくれ」ジェイクの剣幕にセブンは茫然と立ちつくした。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ネーピア,スーザン
バレンタインデー生まれ。生まれながらのロマンス小説家と言える。ニュージーランド、オークランドでジャーナリストとして出発。ハンサムな上司と結婚したのち小説の執筆を始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

情熱の罠 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
二十一歳の誕生日の夜、女友達とはしゃいで遅くなったベラは、車で一方通行の道を間違って走り、高級車に正面衝突した。壊れたブガッティから現れたのは息をのむほど魅力的な男性、有名な銀行家のリコ・ダ・シルヴァだった。彼はさんざんベラを非難し、ひどく侮蔑した。服装から売春婦ときめつけられ、彼女は悲しかった。生い立ちは不幸だし、今も貧しいが、そんな女ではない。ところが次の日、車の保険が更新されていないことを知り、ベラは打ちのめされた。しかたなく彼女は銀行にリコを訪ねる。そして、彼がボディーガードを解いた一瞬の隙に、二人は大銀行家を狙っていた誘拐犯に地下駐車場から連れ去られた。彼と二人きり、頑丈なコンテナに閉じ込められてしまったことから…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
グレアム,リン
北アイルランド生まれ。十代のころからロマンス小説の熱烈な読者だった。大学で法律を学ぶと同時に十八歳で結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚という経歴の持ち主。現在三人の子供を育てている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

奔放な情熱 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
その日、婚約解消を申し入れにダンカンの屋敷を訪ねたキンバリーはそこで彼の兄ハリソンと出会った。彼は実業家として成功しているたくましく精悍な男性で一目見た瞬間にキンバリーは強烈な魅力の虜になってしまった。けれどハリソンは、キンバリーを財産目当ての軽薄な女だと罵り、手切れ金をやるから身を引け、と冷酷な言葉を投げつけた。そればかりか、怒った彼女の唇を荒々しく奪ったのだ。穏和なダンカンにはないハリソンの圧倒的な魅力が怖くなり、キンバリーはわざと悪女を演じて小切手を受け取った。だが二年後、偶然再会した二人は憎しみと情熱をぶつけ合ううちに、激しい感情の嵐にのまれ、一夜を過ごした。そして、キンバリーは妊娠してしまい…。

内容(「MARC」データベースより)
婚約解消を申し入れにダンカンの屋敷を訪ねたキンバリーは彼の兄ハリソンと出会った。一目でハリソンの強烈な魅力の虜になるが、彼は彼女を財産目当ての軽薄な女だと罵るのだった。2年後、偶然再会した2人は…。

嘘は恋の始まり (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
“警察では昨夜起きた当て逃げの犯人の捜索を…”モーネイはラジオのニュースを耳にして凍りついた。義兄が起こした事故のことを言っている!運転を任せるんじゃなかった、と後悔しても遅すぎる。助手席から、車の前に現れた男性の姿がはっきりと見えた―長身で黒っぽい髪、貴族的な顔立ちの人だった。ところが、被害者ブラッド・ケンドリックのほうもこちらの顔をしっかりと見ていたのだ。そうとは知らず、入院中の彼の病室に迷いこんだモーネイは彼に脅されて、怪我が治るまでの間、付き添いをすることになった。

内容(「MARC」データベースより)
「警察では昨夜起きた当て逃げの犯人の捜索を…」 モーネイはラジオのニュースを耳にして凍りついた。義兄が起こした事故のことを言っている! 運転を任せるんじゃなかった、と後悔しても遅すぎる…。

ハロー!江東区!> <鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」> <千葉の印刷なら千代田印刷> <墨田区紀行> <台東紀行> <横浜関内リラクゼーションサロンDIO> <鶯谷・うぐいすだに> <高収入バイト情報> <台東クラブ> <アキバ中毒のページ> <幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク> <美容外科> <東京ぶらぶら> <電子たばこ> <GOGO!江戸川区!> <日暮里 鶯谷 上野 ニュース
背が縮み始めたら> <詩集集

ooo山手線エリア~洋食屋 王道のカレー&ビーフシチュー~ooo スーパーシガレット/SuperCigaretteooo 千葉ちゃんパパの公園散歩ooo 千葉の梨園・梨狩り万歳ooo IIS設定備忘録ooo ECO Smoker(エコスモーカー)ooo よい街、品川ooo 新鮮 魚料理を食すooo 千葉を中心としたの潮干狩り場・潮干狩り情報をご紹介する~ちば潮干狩り.COM~ooo ぶんか千葉!千葉県の文化情報配信中!!ooo 裏千葉ラーメン戦線異状なしooo 上野Guide~上野であそぼう~ooo 千葉市のプール一覧ooo 寿司喰いねぇ~!ooo 渋谷ぶらりooo おいしいくだものメニューooo ビバ!プリプレスooo 和菓子de千葉はんなりooo 千葉は八街のピーナッツを知ろう!ooo 天国的お魚の道@千葉ooo