やっぱりクラシック

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・クラシックスのお勧めばかり集めて楽しんでみました。といっても全部ですけどね。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

熱い胸騒ぎ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ナディーンはトップモデルからの転身の道を探ろうとモーニングショーの司会者のオーディションを受けにテレビ局を訪れた。偶然、局の玄関でトーク番組に出演していたショーンと再会し、動揺を隠してさりげなく彼と言葉を交わしたあと別れた。ショーンは映画プロデューサーで、かつてナディーンの夫だった人。相変わらず魅力的だが、久しぶりに見る顔はどこかやつれていた。離婚して一年、もう心の傷は癒えたと思っていたのに…。その後彼の映画会社が経営困難に陥っているという噂を耳にし、さらに彼がつき合っている女優と結婚するらしいと聞いて新たな衝撃を受けたナディーンは気分転換に南の島へ行こうと思い立つ。しかし出発の日、ショーンが行方不明だという知らせが入った。

内容(「MARC」データベースより)
ナディーンはトップモデルからの転身の道を探ろうと、モーニングショーの司会者のオーディションを受けにテレビ局を訪れた。偶然、局の玄関でトーク番組に出演していたショーンと再会し、彼と言葉を交わしたあと別れたが…。

めぐりくる春 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
カンザスシティの新聞社に勤めるキャシディはある日、慈善パーティを取材することになった。ところが、会場がリード・キャバノー邸であることを知ってあわてた。四年前、リードは形式上とはいえ、彼女の夫だったのだ。恋人のケントが事故死したとき、キャシディは子供を身ごもっていた。それを知ったケントの兄リードが、生まれてくる子供の父親になろうと言ってくれたのだ。しかし、結局キャシディは流産してしまった。相つぐ不幸に茫然としながらも、彼女はひとりで生きる決心をし、リードの前から姿を消したのだった…。

別れても愛しくて (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「ジェシカは本当にぼくの娘なんだね?」二十年ぶりに別れた夫ルイスと再会し、レイシーは動揺した。娘のジェシカが大学に入学して家を離れ、以来レイシーは夜ごとルイスの夢に悩まされてきた。十八歳のときに彼との短い結婚生活に終止符を打ち、それ以後まったく顔を合わせていないにもかかわらず、夢は、あの遠い昔の情熱的な日々を生々しく再現する。ルイスは妻が妊娠していることを知らないまま、離婚を言い渡した。すると、彼は娘を奪いに来たのだろうか?いいえ、そんなことではないらしい。レイシーはそう直感した。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ジョーダン,ペニー
イギリスの作家。結婚後もしばらく大手銀行で働いていたが、現在は執筆に専念。イングランド北西部チェシャーに夫とともに暮らしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

青いドレスの誘惑 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
三年前に悲しい事故で愛する家族を失ったルースにとって、小説を書くことだけが、心のささえだった。ある日、彼女はTVのトークショーにゲストとして招かれた。同席したのは世界的なベストセラー作家、パトリック・ヘーガン。噂にたがわず、危険なほどセクシーでゴージャスな男性だ。セックスと権力がテーマの彼の作品は何本も映画化されているが、ルースは批判的だった。そんな彼女に彼は強い関心を示した。「もう少しお話ししたい。夕食につきあっていただけませんか?」華々しい女性遍歴を飾るために犠牲になんかならないわ!ルースは自分に言い聞かせた―私が求めるのはもっと別のもの。けれど、強引な誘惑に、理性は反発しても感情がざわめいて…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ダーシー,エマ
フランス語と英語の教師を経て、結婚後、コンピューター・プログラマーに転職。やがてロマンス小説作家に。現在はオーストラリアのニューサウスウェールズにあるカントリーハウスに住む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

愛に満たされたら (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
セブンは両親亡きあと、ジェーン伯母の元に身を寄せている。世間には自分が霊能力者だということは隠しているが、時々襲ってくる奇怪なイメージや不安感はどうすることもできない。ジェイク・ジャクソンが家に押しかけてきたのも、突然ひらめいた霊感のせいだった。六年前に行方不明になった彼の娘レベッカはまだ生きていると伯母に話したところ、伯母がジェイクの母にそれを伝えたのだ。「でたらめな情報でおふくろを動揺させないでくれ」ジェイクの剣幕にセブンは茫然と立ちつくした。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ネーピア,スーザン
バレンタインデー生まれ。生まれながらのロマンス小説家と言える。ニュージーランド、オークランドでジャーナリストとして出発。ハンサムな上司と結婚したのち小説の執筆を始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

天使はいじわる (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
製薬特許会社の広報部に勤務するタラの、目下の大きな悩みの種は、社長のベン・シャピーロだった。彼に特に欠点があるわけではない。それどころか、半年前にタラの両親が交通事故に遭い、父が亡くなり、母が半身不随になった時、ずっとそばにいて信じられないくらいよくしてくれた。なのに、なぜか彼を見るといらいらして、反抗的な気分になるのだ。皮肉に満ちたあの自信たっぷりな瞳のせいなのかもしれない…。ある日ベンは意外な提案をしてくる―母親の介護の心配をせず、タラが仕事に集中できるよう、自分の屋敷のロッジを提供すると。まさか、ベンはその見返りとしてわたしを愛人にするつもりでは。

復讐は甘く (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
エミリーは愛情の薄い銀行家の家庭に育ち、二十歳を迎えた今、父親の銀行に勤める男性と結婚しようとしていた。婚約披露パーティの夜、彼女は自宅の温室で思いがけずルークと出会った。ルークは血のつながらない又従兄で、十歳の時に母親を亡くし、エミリーの家に引き取られたが、彼女の一家を露骨に憎んでいた。四年前、エミリーは彼に夢中になったが、すげなく拒絶されたのだった。彼女がルークと言い合っている時、温室に婚約者と姉が入ってきて、信じられない会話を交わした。なんとエミリーの婚約者は姉と恋仲だったのだ。「僕と付き合っていたことにして、婚約を解消すればいい」ルークは屈辱に震えるエミリーに解決策を持ちかけ、唇を寄せてきた。それが復讐の始まりだとも知らず、エミリーは彼のキスに応えていた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ローレンス,キム
イギリスの作家。ウェールズ北西部のアングルジー島の農場に住む。毎日三キロほどのジョギングでリフレッシュし、執筆のインスピレーションを得ている。夫と元気な男の子が二人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

一番すてきな結婚式 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ウエディング・コンサルタントのケイトリンは二十八歳。ビジネスも軌道に乗りはじめ、恋人との仲も順調だ。ある日、結婚式の前に教会内の最終チェックをしているとき、彼女は参列者の中に一人の男性の姿を認めた。ペン・コールドウェル。かつて町の人々は―そして彼女自身も、ペンとケイトリンは遠からず結婚するものと信じていた。だが十年前のあの悲劇のあと、彼は放浪の旅に出てしまったのだ。「昔のよしみで踊ってくれないか、子猫ちゃん」式後のパーティで、かつての呼び名でダンスに誘われ、ケイトリンの心はあやしく揺れた。

愛しい人と眠る夜 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
キャロラインはナニーとして二年間、エイムズベリー家で働いた。しかし、それももう終わり。一家が引っ越すことになったためだ。あと数週間で彼女には仕事も、住むところもなくなる。そんなとき、新しい仕事の話が舞い込んだ。ある裕福な実業家がすぐに仕事につけるナニーを探しているという。だが相手の名をきき、彼女は呆然とした―マシュー・キャラン。数年前憎しみと軽蔑に満ちあふれた顔で、別れを告げられた相手だ。そしてナニーが必要な子供は、キャロライン自身の娘に違いない。産んでから一度も、この腕に抱くことさえできなかった娘。娘の顔が見たい。キャロラインの心は揺れる。今の彼女は名前も変え、整形手術をしたため見かけは別人のようだ。きっとマシューにはわからない。キャロラインは決意した…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウィルキンソン,リー
イングランド中部ノッティンガム生まれ。学校を卒業後、水着モデルなどいくつかの仕事を経験する。二十二歳で結婚。短編や雑誌の連載小説から執筆活動を始めた。現在、ダービーシャーの村にある由緒あるコテージに住んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

あの暑い夏の日に (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ルーシーはある雪の日、息子を奇宿学校に送っての帰り道、運転を誤って車ごと溝に突っこんでしまった。なんとか車から抜け出し、歩いてやっと我が家にたどり着くと、電気はつかず、ホールは水浸しだ。雪で水道管が破裂したらしい。そんな窮地を救ってくれたのは、ジョナス・ウッドブリッジだった。彼にだけは助けてもらいたくなかったのに。あれは十一年前…ジョナスの弟サイモンの突然の死後、サイモンとつき合っていた私が妊娠していると知った時の彼の態度。あの冷たい態度は忘れられない。その時以来ルーシーは、ウッドブリッジ家には頼らず独りで子供を産み育ててきたのだ。

内容(「MARC」データベースより)
ルーシーはある雪の日、運転を誤って車ごと溝に突っこんでしまった。なんとか車から抜け出しやっと我が家にたどり着くと、電気はつかずホールは水浸し…。そんな窮地を救ってくれたのは、死んだ恋人の兄ジョナスだった。

ハロー!江東区!> <鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」> <千葉の印刷なら千代田印刷> <墨田区紀行> <台東紀行> <横浜関内リラクゼーションサロンDIO> <鶯谷・うぐいすだに> <高収入バイト情報> <台東クラブ> <アキバ中毒のページ> <幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク> <美容外科> <東京ぶらぶら> <電子たばこ> <GOGO!江戸川区!> <日暮里 鶯谷 上野 ニュース
シロン> <大好きSF/ホラー

ooo千葉市のプール一覧ooo 千葉県の大学一覧ooo 夏はプールだ千葉特集ooo 川は生きているooo コーヒーにブライト(ノア)さ~~ん!!ooo 花ざかり千葉ooo ジューシーな肉料理ooo 千葉の醤油ooo 台東クラブooo AKIBA-JUNKooo シブヤをよく知る為のサイトooo 千葉の事。ooo ぶんか千葉!千葉県の文化情報配信中!!ooo 日暮里 鶯谷 上野 ニュースooo めぐろGuide~オシャレなまち目黒~ooo ひんやりooo 自作PCに挑戦(千葉中心)!ooo 墨田区紀行ooo 千葉県の民俗・風俗ooo ~新宿 Live House~ooo