やっぱりクラシック

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・クラシックスのお勧めばかり集めて楽しんでみました。といっても全部ですけどね。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

最後の選択 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ケリーと祖父は、羊牧場メアリアンパークの敷地内に住んでいる。持ち主のヘンリー・ロイドと祖父は親友で、何十年も前に土地の一部を譲り受けたのだ。だが、法的手続きはとっていなかった。そのためヘンリーが急死すると、メアリアンパークを買った男が立ち退きを迫ってきた。そんな折も折、ケリーは物理療法士としてその男ジャスティンの治療に出向くことになった。この機会を利用して、祖父の土地を守らなくては!彼と対面したとたん、ケリーは野性的な魅力に一瞬ひるんだ。前にどこかで会ったような気がする…そんなはずないのに。

内容(「MARC」データベースより)
ケリーと祖父は、羊牧場メアリアンパークの敷地内に住んでいる。だが、持ち主のヘンリーが急死すると、その土地を買った男が立ち退きを迫ってきた。そんな折、ケリーは物理療法士としてその男ジャスティンの治療に出向く-。

恋は甘い毒 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
キャサリン・ランバートはロンドンに住む投資アナリスト。快適な家とよい仕事にめぐまれ、一見落ち着いた暮らしぶりだが、晴れやかな毎日とは言い難い。離婚して二年たつのに、前夫との結婚生活への思いがふっきれない。その一方で、もう結婚はこりごり…と思う。そんな二つの心をもてあまして、愛猫を相手に、引きこもりがちの日々を送っている。ところがある日、すてきな人が来るからと強引にディナーによばれた。モーガン・リンチ。アメリカ大使館員で独身。離婚歴あり。心は少しも弾まない。でも、なんだかいわくありげな男性みたい。

内容(「MARC」データベースより)
キャサリンはロンドンに住む投資アナリスト。離婚して二年たつのに前夫との結婚生活への思いがふっきれない。その一方で、もう結婚はこりごり…。ある日すてきな人が来るからとディナーに呼ばれた。アメリカ大使館員で独身。何かいわくありげな男性みたい。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

あの暑い夏の日に (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ルーシーはある雪の日、息子を奇宿学校に送っての帰り道、運転を誤って車ごと溝に突っこんでしまった。なんとか車から抜け出し、歩いてやっと我が家にたどり着くと、電気はつかず、ホールは水浸しだ。雪で水道管が破裂したらしい。そんな窮地を救ってくれたのは、ジョナス・ウッドブリッジだった。彼にだけは助けてもらいたくなかったのに。あれは十一年前…ジョナスの弟サイモンの突然の死後、サイモンとつき合っていた私が妊娠していると知った時の彼の態度。あの冷たい態度は忘れられない。その時以来ルーシーは、ウッドブリッジ家には頼らず独りで子供を産み育ててきたのだ。

内容(「MARC」データベースより)
ルーシーはある雪の日、運転を誤って車ごと溝に突っこんでしまった。なんとか車から抜け出しやっと我が家にたどり着くと、電気はつかずホールは水浸し…。そんな窮地を救ってくれたのは、死んだ恋人の兄ジョナスだった。

禁断の芽ばえ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
華やかで美しく活発な姉ヘレンの陰で、いつも目立たず地味でおとなしい一方のベスは、常識的で、夫として理想的な幼なじみのトムと婚約した。二人の婚約披露パーティーが開かれた夜、相変わらず派手に着飾ったヘレンが、恋人を連れて現れた。強烈な魅力を発散するイタリア系の男性、ルーク・ヴァッカリだ。ルークはなぜか執拗に熱い視線でベスを追い続け、彼女は経験したことのないいらだちと激しい反発を感じる。すっかり調子を狂わされたベスを、ルークは無理やりダンスに誘った。熱いキスまで奪ったあと、彼は動揺するベスの耳元でささやいた―もっと自分らしく、思いどおりに生きるべきだ、と。そのときから、ベスの人生は何か奇妙に歯車が狂い始めた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ハミルトン,ダイアナ
イギリスの作家。夫との間に三人の子供がある。現在、子供たちは独立し、夫と二人暮らし(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

カリブの王国 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
出産直後に手放した我が子の顔を一目見たい。ヴィクトリアは一週間の予定でプエルトリコに旅立った。けれど手元には養父となった男性の顔写真と勤め先の住所しかない。彼の名前はL.R.キャンベル、頭髪の薄い、人のよさそうな中年紳士だ。こっそり自宅を捜し出して、子供が幸せかどうか確かめるだけでいい。ところが、そこは素人探偵のかなしさで、勤め先では警備員とおぼしき男と押し問答のすえ、追い払われるし、翌日、尾行に成功したかと思えば、目の前で逃げられる。おまけに、つい気を抜いて事故に遭い、怪我までする始末。そして、助けに現れた男は…昨日の警備員じゃないの―。

内容(「MARC」データベースより)
出産直後に手放した我が子の顔を一目見たい。ヴィクトリアは1週間の予定でプエルトリコに旅立った。手元には養父となった男性の顔写真と勤め先の住所しかない。その勤め先では警備員とおぼしき男に追い払われてしまい…。

ラベルは“妻” (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
有能な重役秘書エリス・ワースは、意気揚々と出社した。今日こそは運命の日になるはずだ。ひそかに思いを寄せてきた上司チャールズが社長に昇進する…。だが、新しく社長になったのはマシュー・カニング、奇跡の仕事師と呼ばれるやり手だった。チャールズは子会社に移り、エリスは行き場を失ってしまう。そこにカニングから、彼の秘書にならないかという誘いがあった。前社長がエリスを推薦してくれたのだ。でも、そんなことできない。チャールズの夢を打ち砕いた人の秘書になるなんて。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ジョージ,キャサリン
ウェールズ生まれ。早くから熱心な読書家で、その情熱はやがて書くことへと向いた。エンジニアと結婚し、九年間ブラジルに暮らす。その後、息子と娘の教育のためにイギリスに滞在することが多くなり、一人で過ごす夜に小説を書くようになる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

過去の呼び声 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
八歳になる弟は目に障害があり、いずれ失明すると言われていたが、新しく開発された手術によって完治することがわかる。パーディーは愛する弟のため、カジノでアルバイトを始めた。カジノには実にさまざまな人間が出入りする。名門の跡とり息子アレックスもその一人。彼はパーディーに夢中だ。そんなある日、彼女はアレックスの叔父ジェアードの訪問を受ける。手切れ金を払うから甥と別れろ、といきなり迫られ、パーディーは思わず、“三万五千ポンド”と口にした。どんな女に見られたのかと思うとたまらなく悔しいが、それだけあれば弟は手術を受けられるのだから。

早春の出会い (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
咲き乱れる水仙、早春の陽光を浴びて輝く家々、豊かな大地の匂い。とうとうアシュドン・マグナ村にやってきたんだわ!ケリーの胸は期待と故郷に帰ったような安堵感でいっぱいになった。不慮の事故で亡くなった両親の遺品の中にあった一枚の絵葉書―それは十年前、父のまたいとこから出されたものだった。天涯孤独だと思っていたのに、私にもまだ身内がいるなんて…。矢も楯もたまらず、ケリーはカナダからイギリスへと飛んできた。葉書の住所をたよりにたどりついた石造りの豪邸、アシュドン屋敷。と、突然一人の男が現れて、ケリーの腕をつかみ叫んだ。「エレイン、どこに行ってたんだ!なぜ一言も言わずに!」。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウェントワース,サリー
イギリス生まれでずっと生まれ故郷の町に住み、そこで結構し、子供は1人。作品の構想をたててから、執筆の前にいろいろ調べるのが、書く以上に好き。したがって背景として選んだ土地へは必ず足を運び、また自動車ラリーをテーマに選べば自分も参加しないではすまない性格である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

孤独な闘い (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
トニーはいきり立っていた。ノア・シートン!まだ顔を見たことはないけれど、血も涙もない冷たい男。義父の会社を買収しただけでなく、二十七人もの従業員を解雇した男。その男と今夜、パーティーで同席しなければならないなんて!トニーはどぎつい赤の口紅を手にすると、さっと一塗りした。見てなさい。必ず彼の鼻を明かしてやるわ。だが対面したとたん、トニーはノアの知的な黒い瞳に魅せられた。彼は何もかもお見通しとでもいうようにじっとトニーを見つめていた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ダーシー,エマ
フランス語と英語の教師を経て、結婚後、コンピューター・プログラマーに転職。やがてロマンス小説の世界に楽しみを見いだし、登場人物それぞれに独自の性格を与えることに意欲を燃やすようになった。現在はオーストラリアのニューサウスウェールズにあるカントリーハウスに住む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

リトル・ムーンライト (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
サリーナ・プラウドフットは二十五歳になるフリーのタイピスト。気はいいが、自分のことにしか頭が回らない母親の面倒をみながら、娘らしい楽しみも持たず、ロンドンで仕事に明け暮れていた。たまには、今とは違う人生を夢見ることもあるのだが、母親思いの優しい娘は、すぐにあきらめてしまう。九月のある日、サリーナは人材派遣センターから依頼されて、臨時に、マルク・テル・フォーレン医師のもとで働くことになった。フォーレン医師は、今度自分の秘書が退職するので、彼女に代わってオランダに一緒についてきてほしいと言う。どうしよう?―サリーナの心を希望と困惑が駆け抜けていった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ニールズ,ベティ
英国西部の生まれ。オランダ人の夫と十二年間その故郷に住み、ベティは看護婦、夫は病院事務と、ともに病院で働いた。のち英国に戻り、作家活動に入る。穏やかで静かなロマンス、そのやさしい作風が多くのファンを魅了したが、2001年6月、惜しまれつつも、永遠の眠りについた。彼女が生みだした作品は百三十以上にも及んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ハロー!江東区!> <鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」> <千葉の印刷なら千代田印刷> <墨田区紀行> <台東紀行> <横浜関内リラクゼーションサロンDIO> <鶯谷・うぐいすだに> <高収入バイト情報> <台東クラブ> <アキバ中毒のページ> <幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク> <美容外科> <東京ぶらぶら> <電子たばこ> <GOGO!江戸川区!> <日暮里 鶯谷 上野 ニュース

oooベビー、キッズ、マタニティ.コレクションooo 歴史千葉ooo 夏はプールだ千葉特集ooo 千葉天ぷら・千葉天ooo フード、ドリンク.コレクションooo 千葉県の大学一覧ooo アメ横一番!ooo リネージュIIクロニクル5ooo 墨田区紀行ooo おもちゃ、ホビー.コレクションooo めぐろGuide~オシャレなまち目黒~ooo 千葉干物天国ドットコムooo 荒川区の情報を調べる会ooo 千葉鰻ooo リネージュIIクロニクル4ooo 週末お出かけマップアンドパーク千葉ooo 新型インフルエンザマスクooo ジューシーな肉料理ooo 千葉ちゃんパパの公園散歩ooo 東京ぶらぶらooo